写真研究会について

立命館大学大学写真研究会、略して写研は1950年に立命館大学理工学部より発足し、写真制作を主な活動としているサークルです。発足から60年以上経過した今も発足当初から変わらず写真活動に精を入れて活動しております。

当会概要

位置づけ
学術系公認団体
本拠地
京都市北区等持院56-1 立命館大学内学生会館 BOX217
団体設備
衣笠:BOX & 専用暗室
BKC:サークルルーム & 共同暗室
主な活動内容
  • フィルムカメラおよびデジタルカメラによる写真の撮影
  • 暗室でのフィルム現像・写真プリント
  • 写真展の開催
  • 撮影会の実施
  • 外部団体からの依頼撮影
  • など...
  • 暗室
  • ミーティングルーム(志学館121)
  • 暗室(コンセプトルーム4)
  • サークルルーム・ミーティングルーム(サークルルーム20)

ミーティング

写真展やその他活動の方針等を話し合うためにBKCと衣笠のキャンパスそれぞれで毎週行っています。

キャンパスミーティング
衣笠キャンパス:毎週木曜 志学館121:18時〜
びわこ・くさつキャンパス:毎週木曜 アドセミナリオ A208:18時00分〜
合同ミーティング
主に写真展前後に行われます。基本的には衣笠・BKC交互に開催。

部展

当サークルで毎年定期的に行われる四つの写真展のことを部展といいます。写真研究会のメインといえる活動です。

春展

5〜6月頃に開催される、全員参加で行われる写真展です。

新人展

その年に入会した新人会員のみで行われる写真展です。10月上旬に開催されます。

冬展

上回生の引退を兼ねた写真展です。大多数の人数が参加します。12月に開催されます。

卒展

年度終わりの3月にその年の卒業生のみで行われる写真展です。4年間の写研生活の集大成です。

有志展

写真展は部展の4つだけではありません。サークル内の有志によって以下のような写真展が開催されます。

関関同立写真展

関西大学写真部、関西学院大学写真部、同志社大学写真同好会、立命館大学写真研究会で組織している『関関同立写真連盟』で開催する合同写真展です。

京都学生写真連盟写真展

京都一円の大学写真サークルの交流・技術向上を目的に発足した京都学生写真連盟の写真展です。京都大学・龍谷大学・京都産業大学・同志社大学などの写真サークルが参加しています。

学祭展

大学の学園祭にあわせて行われる写真展。例年あるテーマに沿った写真が並びます。

学外展

学外のギャラリーを借りて行う写真展です。

「華」〜北の国から京の都へ

2015年夏に京都と北海道の大学合同で開催される写真展です。

その他写真展

その他にも企画や人の集まりによって写真展が開催されることがあります。